ご注文はお祭りですか??

大航海時代オンラインとは

全く関係ない記事です







5月15日は秋葉原に出没。



01_AkihabaraStation.jpg 

そう、知っている人は知っている、この日は、日本三大祭りの一つ、神田祭の真っ最中。


いつもの秋葉原とは全く違い、街中を80基ほどの神輿が行列をなし、一日かけて、順番に、神田神社へ宮入りしていきます。




02_AkihabaraStreet.jpg


駅前の大通りは、こんなです。




03_AkihabaraStrret2.jpg


いつもの街とはまた違った、熱気あふれる日本文化空間が出現してます。

 04_AkihabaraStreet3.jpg 


神輿を担ぐ人、ついて歩く人、見物する人、普通に買い物にきて立ち止まる人、人人人です。




06_Mikoshi3.jpg 06_Mikoshi4.jpg 06_Mikoshi5.jpg 

各神輿は、神社へむけて次々に進みます。

いやーーーーほんと、数が多くて、実に壮大かつ賑やか、これぞ祭、って雰囲気です。

子供神輿や女神輿もあって、老若男女、様々な神輿が集ってましたね。




06_Mikoshi.jpg 06_Mikoshi2.jpg 

神社の正面は、宮入の順番を待つ神輿で埋まってます。

担ぐのも一緒に歩くのも、本当に大変そうだけど、みなさん、充実した顔してました。


さて、表はこんな感じで非常に混雑していたので、自分は、男坂から御宮入り。



05_Otokozaka.jpg








おう、これが「おれたた」の男坂だぜ。

 08_Keidai.jpg



境内も、いろいろな出店ですっごいにぎわってます。不幸?にも、昼食後すぐだったので、何も食べられませんでした( ;∀;)


 09_Taiko.jpg 

神田太鼓フェスティバルも良かったですよ。

和太鼓で心躍るのは日本人だからなのか、万国共通なのか。



2年に一回開催なので、ちょうど来ることができて良かったです。

かなり大きなお祭りですし、もしかしたら、これを読んでくれている人達の誰かとすれ違っているかもしれませんね。



祭の様子はインターネットで中継されていて、そのままYoutubeで閲覧可能なままになっているので、ちょっと雰囲気を垣間見てみたい人は、ぜひどうぞ。






とはいえ、祭と花火大会は、動画だとどうしても場の熱気は伝わらないんですよねえ。


今年は来れなかった方も、ぜひ、再来年は体験してみてください。








さて、記事のタイトルは、これも、知っている人は知っている、とあるアニメと神田祭のコラボレーションにつけられたものです。コラボの理由となる由縁が多少強引な気もしますが、まあ、お祭りですから。




07_Colabo.jpg




ちなみに、某アイドルと某異世界ものもコラボしてます。

今回は、一番、縁があったのが「ごちうさ」だったので、そこ推しの記事ということで。


しかし、サブカルチャーだったアニメも、もはやメジャーな日本文化とコラボするようになったんですなあ。


 07_Colabo2.jpg 

女子ファンも多い作品ですが、限定グッズに並んでいるところは、大きな男子のお友達成分が多めだったような気がします。因幡の白兎と巫女さん設定なのでしょうがないですが、祭だし、お父さん(CV速水奨氏)の出番もあっても良かったかなあ。

さて、列は、それほど長蛇ということもなく、駅近くのお店のコラボとうまくバラけた感じですかね。グッズの売り切れもほとんどなく、十分行き渡ったのではないかと。

縁起ものですし、数を揃えてくれてよかったですね。企画と仕切り、当日のスタッフの人たち、お疲れさまでした。


声優陣からは、佐藤聡美さんと徳井青空さんがゲストで神田祭チャンネルに出演。

動画中、5:05:50ぐらいから30分ですね。こちらも忙しい中、お疲れさまでした。人手も多いし、入退出しにくい場所っぽかったので、前後大変だったんじゃないかな。






・・・徳井さん、かけ声が男前w

これならKOEIのゲームにも出られる、と思いましたが、やっぱり難しいですかねえ。





関連記事

コメント

非公開コメント