造船修業

さてさて、

お久しぶりの方、お久しぶりです(^^♪

去る土曜日、ふと大金を稼げたので、その勢いで強化造船上げをさせていただきまして。
無事にR16となりました!

急な話にも関わらず、夜中に造船支援にお付き合いいただいた、ぶーちゃさんとぐろーるしゅ(疾風迅雷)さんには深く感謝の念を表させていただきます。(それから、支援を申し出ていただいたラナン・シラセ提督も!)。

本当にありがとうございました!

さて、そんなパパチチさんの、今回の造船修業顛末は、追記の方で。

121315 085736

「やれやれ、初めて来たけど、こりゃまたエライ田舎だよな~」

パパチチさんに頼まれた仕事で来てみたものの、このベルゲン。
寒いし寂しいしで、ちと、自分には合わなさそうだわ。
まあ、景色はいいけどね。景色は。





「おー、よくきたな、タチカワ」

121215 221407

パパチチさんは、待ち合わせの造船所親方のところにいた。

「タチカワが約束通りに現れるなんて、今晩はオーロラが見られるかもしれないねえ」

おっと、ジーシャン=シィ姐さんも呼ばれてたのね。
今回は、おふざけはホドホドに、だな。

「お金、というか、銀行の手続き、してきましたよ」
「おお!ありがとう。これで造船強化修業の資金は万全だな」

パパチチさんは、念願の大型福船を造船するために、先月は、修業用と造船用の資金集めに南蛮貿易三昧だったらしい。

「いやー、だけど、それほどたまらなくてねえ。結局、造船紙を使った修業には資金が足りないから、ベルゲンで浮き修業することにしたんだよね」

パパチチさんは苦笑いしながら、その辺の顛末を教えてくれた。

まず、木材から強化用の加工木材を作りつつ、造船できるために、ここ、ベルゲンにやってきたそうだが。

120515 124453

そもそも、街への投資が足りないから、最初は強化修業自体ができなかったらしい。
そこで、慌てて投資から始めたそうだ。

120515 124826

「ベルゲンがイングランド同盟港で良かったよ。まあ、影響度にすぐに反映されるような額ではなかったけどね。むかーし、ピンジャラでピンクダイヤモンドのために大規模投資したらメンドクサイことになったからねえ」

そういうものなのかね。ペーペーの自分には縁のない世界だけど。

120515 155513

船の強化ができるようになったところで、木材を仕入れて、材料の加工木材を作る。
この辺は、最近、大量生産が簡単にできるようになったら、楽なんだそうだ。
まあ、確かに、自分の工芸修業でも重宝しているしね。

120515 125032

で、後は地道に、強化しては時間が経つのを待ち、強化しては時間が経つのを待ち、という日々なわけだ。

ベルゲンの港に浮いてはもどり、浮いてはもどり・・・・・・・。

いや、これ、根気が必要すぎでしょ?
俺には無理だわ~。

121215 153902_1

「いやあ、あんまり単調だから、つい食料が尽きているのも忘れて船を浮かせちゃったことがあるんだけど、反乱おきたわ~」

・・・・・・いや、パパチチさん、笑ってるけど、それって、どうなのよ?

だが、そんな灰色で単調で退屈な毎日に、リスボンのお嬢から、突然の吉報が舞い込んできたわけだ。

121215 160648

「パパチチさん、お預かりしていた武器職人の鍛錬具計10個、1.5Gで売れました。誰か使いをよこしていただければ、銀行や取引関連の書類をお渡しします」


さすがお嬢、有能だぜ。

ということで、パパチチさんから指名を受けて、俺が使者になった、というわけなのだが。

「だけど、こういうのは実直なオギクボさんやミタカのやつの方がよかったんじゃないですか。タカイドさんとシィアグウさんは南蛮貿易を続行してるらしいからしょうがないとして」
「なーにをいう、タチカワくん。造船と工芸は切っても切れない深い関係にあるのだから。この先のことも考えると、今回は、君に来てもらうのが重要なのだよ」

ん?
この先のこと?
ベルゲンまでのお使いじゃすまないってことなのかね??

「いや、とりあえず今日は、加工木材を在庫して、必要な時に自分に渡してくれればいいから」

はあ。じゃ、ま、そういうことで。





121215 231521_1

その後、ほどなくして、
パパチチさんが所属する英・東インド会社商会から、ぶっちん氏とぐろーるしゅ氏が造船支援に遠路ベルゲンまで来てくれた。

ぶっちん氏には、強化修業用のアイアンサイズを借りて、造船スキル支援を。
ぐろーるしゅ氏には加工木材の補給を手伝ってもらう体制だ。

また、造船紙もお二人から購入させてもらえるとのこと。心強い。

そういえば、事前の準備として、銀のタロットも大事らしい。
普段は船部品の回復しか意識してなかったが、確かにそうだな。

ぶっちん >>>銀たろあるなら女帝引いてください!w
パパチチ >> ぶっちん>引いて見せましょう!w
ぶっちん >>>かっこいいw

銀のタロットを使いました
『女帝』のタロットを引きました
タロットによりスキルの獲得熟練度が増加することがあります


パパチチ>> ぶっちん>引いたよ~<女帝
ぶっちん >>>まじ??w

うはっ!
女帝引きを依頼する方もユニークだけど、よく引いたぜ、パパチチさんwww

その後、おもむろに始まる造船修業。

俺は、ジーシャン=シィ姐さんと一緒に、最初に作り置きしておいた加工木材をパパチチさんに渡す係で、比較的早くにお役御免となった。
なにしろ、あっという間に加工木材が消費されていくのだから。

なーるほど、これは確かに早いわ―。まあ、浮き修業をしたからこそ、このありがたみが分かるんだろうけどね。
俺にはヒトゴトなわけだけど、それでもこれには大したもんだ、という感想になる。

とはいえ、もちろん、一瞬で全てがおわるわけでもなく。
雷神のお守りも三つ目を消費しながら、ようやく。

121315 013159

終わった!

「いや~、お疲れさまでした、パパチチさん」
「ああ、なんとかねえ。さて、さすがに疲れたから休憩するけど、明日から君の修業だからね」
「は?」
「だからさ、これから船体メモリアルとか大福造船とかいろいろあるわけだけど、そのたびに教導書を使うのは不経済だし、今回みたいに商会のみなさんと時間のタイミングが合うとも限らないわけだからさ」

・・・・・・まあ、確かに、俺らの中の人は、最近は平日は深夜か早朝にしかログインしてないけど。

あー、つまり、造船で必要な工芸スキルを、俺にやらせるというわけですか。そうですか。

まあ、確かにそのための工芸キャラなわけだから、当然か(^^;

やれやれ、ヒトゴトじゃなくなったなあ。
しばらく休んでたけど、しょーがない、働きますかねえ。

関連記事

コメント

非公開コメント

NoTitle

いやー本当に造船上げお疲れ様でした(ノ´∀`*)
しかも途中寝落ちという失態(。-∀-)
ほんとスミマセン( ̄q ̄)zzz
私も最初は結構時間掛かりましたが、2回目は大分早かったです🎵
後はパパさんも投資亡命の旅ですね(笑)

NoTitle

造船スキルカンストおめでとうございました!!
確かに浮き修行もしたからこそ、緊急紙使ってのありがたみが実感できますね!(=゚ω゚=)
きっちり女帝を引いたパパチチさんかっこいい^^
タチカワ君、さぼってないで働くんだぞー^^♪

NoTitle

おおおw
なんて引きの強さですか!!!(゜ロ゜ノ)ノ
造船カンストおめでとうございます🎵(о´∀`о)
お手伝いできなくて申し訳ないw( ;∀;)

やあ♪ぶーちゃさん

いやあ、お世話になりました!
> 後はパパさんも投資亡命の旅ですね(笑)
おおう!そ、そんな修業もありましたな~(^^;

やあ♪YuKIさん!

> 造船スキルカンストおめでとうございました!!
ありがとう~^^

> 確かに浮き修行もしたからこそ、緊急紙使ってのありがたみが実感できますね!(=゚ω゚=)
いやー、浮いてる修業の最中は、ブラウザゲーしながらいったりきたりで、けっこう忙しかったですね~
でも、それほどレベルは上がっていかないというw
いにしえのマニラ造船上げの修業をされた方々は、もはやレジェンドですわな~ww

やあ♪ダーノさん

おひさしぶりです~!
> お手伝いできなくて申し訳ないw( ;∀;)
いやいや、今後もタイミングがあえば、あんなことやこんなことを!www

NoTitle

申し出るだけ申し出た結果行けなくてほんと申し訳ないです…
睡魔には勝てなかったよ…;

やあ♪らなんさん

コメ返しが遅れてすみません!
> 睡魔には勝てなかったよ…;
もうね、眠い時はどうしようもないですわ。
でまた、変な時間に起きたりしてね~(^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。