冒険上級課程卒業(1)

全員集合回、みたいなヤツをやってみたかったんですよねえ。一回。

たまたまロンドンにみんないたし。 (一人だけいなかったんですけど・・・・・・)

そしたら、なんだか長くなってしまって、2回にわかれちゃいました(^_^;)

あ、場所は英・東インド会社の商館お借りしました。m(__)m
「撮影協力」ってやつですか。




030215 221127

演習の途中で、マルセイユのノストラダムス氏に、疫病学を教わった。
なんだか、少し不気味だったけど、医者としては確かな腕前らしい。

「何が待ち受けているかは、天のみぞ知る」か・・・・・・。





030215 220010
030415 045831

航海者養成学校 冒険課程卒業試験はラムセス2世の頭飾りの発見。
ここまで来たら、もう難しいことは何もない。

最後まで、冒険を楽しもう。


030415 112500

頭飾りは、カイロ対岸ですぐに発見。

・・・・・・あっけなかった。





ピサに戻る。
学校に帰れば、たぶんすぐに卒業。

先に、船員達と一緒に食事をとる。

030415 121304
「なあんだ、もう卒業かい?さびしいねえ」

酒場マスターがとても美味しいコースをご馳走してくれた。
だいじょうぶ、これで最後というわけではないから。
地中海の海賊を討伐することもあるだろうし。





030415 121349
030415 121448

ステッラリオ教官、ありがとうございました。

これで、冒険も、商業も、海事も、全ての養成所課程を修了。

・・・・・・学生服を脱ぐ時が来た。


030415 121623
では、行こう!

030415 121702

お世話になりました!

030415 121726

もう、学校にくることはない。

・・・・・・さて、まずは、ロンドンに。
おじ様との約束だし。
あ、あとタチカワも何か書いてたっけ?





030215 222425

ロンドンでは、タカイドおじ様が所属している商会の商館にお邪魔させていただいた。
とりあえず卒業祝いってことなので、学生服着用できてみたけれど。

030215 222418

「ふむ、学生服はもういいでしょう。パパチチさんが商会のrabbi.さんからいただい服を着た方がいい」
「あれですか」
「あれ」
「あれはちょっと・・・かわい過ぎるというか」
「リボンも忘れずに」
「・・・・・・はい」

030215 230744

「こ、こんな感じですが・・・・・・」
「まあ、そんな感じでしょう」
「・・・・・・」
「あ、飲み物と食べ物、好きなものを頼むといい」

030215 223730
「えーーーっと。チーズケーキと紅茶、かな」


「やっほーーーロリコンのタカイド君、死んだ友人の娘に手をだしちゃーーいかんよ? 化けて出るよ?」
「やれやれ。ハラスメントなジョークを飛ばす人がきましたね」

030415 041322
「シィアグウさん、困ります」
「うひゃー、照れるなっ、こっちが照れくさいわ~。あ、卒業おめでとっ!」

「ありがとうございます。シィアグウさんも、サハルさんとその後どうなんですか」

030415 041404
「いや~~、特になにもないけど、まあ、心は通じ合ってるんじゃないかな~。ん?タカイド、文句あるの?」
「・・・・・・いえ、特に。認識の相違というものを実感しただけですね」
「にゃにお~~・・・・あれ、わたしのスコーンがないじゃん」

030415 043148
「……( ̄~ ̄)モギュモギュ…」
「あーーー、おま!!!、タカイド、パパチチみたいなことすんなよー!!」

030415 043149

「こーなったら、勝負だ、勝負」
「ほほー。今日は銃ではなくバイオリンを背負っている様子。勝てますか?」
「にゃーーーー引っ掻いてやる~~」

「ちょ、ちょっと、おじ様、シィアグウさん! お、落ち着いて! わ、わたしが、タンバリン叩きますから!ほら!」

030415 043206

「・・・・・・いや、冗談だし」
「・・・・・・タンバリン叩いたら何がどうなるというのか」
「ぐぬぬ・・・(ーー゛)  ひ、ひどい」

「いやあーーーいつも冷静なムムムちゃんをイヂメルと楽しいわ~。わたしってSっけあるのかも~」
「否定できないね」
「いや、タカイド、そこは否定しろよ。だけどムムムもぐぬぬっていうんだな。パパチチと同じだ」
「いや、パパチチとムムムのぐぬぬはちょっと違います」
「え、そう?」

------------------------------

パパチチ 「ぐぬぬ・・・(--;)」
ムムム  「ぐぬぬ・・・(ーー゛) 」

------------------------------

「おお!すごいな、タカイド、よく見てるな!」
「まあ、伊達に助手と養父はやってません」

「ええと、タカイドおじ様とシィアグウさんは、やっぱりアテネに行くんですか」
「そう。パパチチが戻ってきたところで、三人でアテネのクエスト消化ですね」
「今、経験値マシマシだからねえ。だけどさあ、パパチチが中々もどってこないんだなあ。大海戦出たっきりで」



「おーーい」
030415 041942

「あ、オギクボ、来たのか」
「き、来ましたよ。シィアグウさん。ロンドン勤務ですからね」
「そうだな、お前、倉庫番だもんな」
「(涙)」

030415 041949
「卒業おめでとうございます。とうとう、抜かれちゃいましたねえ。僕なんて商業上級の途中でリタイアしちゃってるし、冒険や海事は手付かずだし」
「まあ、しょうがないだろ、オギクボの場合は。っていうか、お前、後輩に礼儀正しすぎんだろ」
「うーーーん、もう後輩とはいえないんじゃないかな??」

030415 042027
「そんなことない。オギクボ先輩、これからもよろしくお願いします」
「くーーーー、ムムムちゃん、いいのに。こんなバカは「オギクボ」って呼び捨ててで十分だよ。あ、でも偉いからこれを上げる」

030415 042714
「お弁当はいくらあってもいいしょ」
「はい」
「海事に進むんでしょ~。アタシは銃撃系しか持ってないからいい装備を譲れなくてさ」
「あ、大丈夫ですから」
「いやいや。実は、ジーシャンシーに二人分のお祝い頼んどいたからさ。って、来た来た。タチカワも来たじゃん」

030615 181547
「あ、こ、こんにちは」
「おー、さすがのお嬢も、ジーシャンシィ姐さんの前じゃあ、かしこまるんだなあ」
「う、うるさい」
「そうだぞ、タカイド。それに私は姐さんではない。清楚で優しいお姉さんだ(ジロっ)」
「う、目がこえええーーー、や、やられる・・・・」
「ふ。一回、死んでみるか」
「え、えええええとおお、ま、待ってください、タンバリン、叩きます!!」

「いや、それはいい」
「うん、いらない」
「ぐぬぬ・・・(ーー゛)」





(中の人注:予想外に長くなってしまいました。やっぱりキャラ多いな・・・・・・不覚にも続く>>>)

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ムムムさん、卒業おめでとうございます♪
ノコリは冒険学校だけ、小学校も卒業してないので、
素直に羨ましいです。
ギルドの提示クエスト増えるから、
やっておくべきなんですけどね(~_~;)
そっか、タカイドさんはロリコンだったんだ。
それは素晴らしい事ですね。
今度、ノコリとゆっくり東欧美少女について
夜通し語り合いましょう♪
シィアグウさん、ジーシャン=シィさんが
血も涙もない女海・・・おっと勝気なお姉さんキャラ。
オギクボくんは、こんなバカっと。〆(゚_゚*)フムフム
って、ほんとにキャラ多いですね@@

No title

>・・・・・・学生服を脱ぐ時が来た。
何かこのフレーズが好きですw
ムムムちゃん、ラビさん製ドレス、とってもお似合いです(*´ω`*)

やあ♪のこりん

毎日ありがとう~。
せっかくだからキャラ関係を図にしてみたよ。
明日の配信につける予定!

やあ♪ヨシツグさん

週末、冒険できてますか(^^)
> >・・・・・・学生服を脱ぐ時が来た。
> 何かこのフレーズが好きですw
> ムムムちゃん、ラビさん製ドレス、とってもお似合いです(*´ω`*)
そうそう、卒業したら、素のシャツ姿に早変わりしたのですが、逆に新鮮でしばらくそのままでいましたw
(シャツフェチ疑惑がまた・・・・w)
ドレスはほとんど持っていないので、らびさんにいただけて良かったです。
そうじゃなかったら、ムムムは最初から鎧姿で活躍する不憫なことになっていたでしょう(^_^;)

No title

ドレス、ムムムちゃんに着ていただけて嬉しいですヽ(*・∀・*)ノ♪
とってもお似合いですよー(*´艸`)
ムムムちゃんのモノマネ用に
「ぐぬぬ・・・(ーー゛)」の方もいただいていきます(*´ω`*)♪

やあ♪らびさん

らびさんと似た造形のキャラだけあって、そのまま着せてもぴったりでしたね^^
> ムムムちゃんのモノマネ用に
> 「ぐぬぬ・・・(ーー゛)」の方もいただいていきます(*´ω`*)♪
ぐぬぬ・・・(ーー゛)
なんて、光栄です~^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。