パパチチ航海誌:ギザのピラミッドの調査

013115 095244

ここはアレクサンドリア。
そして。
・・・・・・カボチャ頭である。





いよいよギザのピラミッドを発見するべく、クエストを請けて。

020115 224909

カイロの休憩所で聞き込みをしたまではよかったのだが。
次のヒントがあるらしいアレクサンドリアに入港した時に、変装用のターバンを壊してしまったのだ。


「だからって、カボチャ頭はないだろう」
「いや、こういう芸風の旅の一座ということで通れるみたいですから。さっき、入港料と一緒に説明しておきました」
「・・・・・・それって、賄賂じゃないの?」

賄賂で済むなら、被り物を被る必要はないんじゃないだろうか。

と、後から気がついたが、被ってしまったものは仕方がない。
人前で脱いでしまったら、子供達の夢を壊すかもしれないから止めておこう。





さて、探索場所がカイロ対岸とわかり、いよいよ上陸。

013115 100304

「お、スフィンクス。そのむこうに見える影が、ピラミッドだな!」
「ちょうど、明日の朝には到着できそうですね」
「・・・・・・パパチチ、もうそれ、脱いでいいんだよ?」

013115 100509

「おおおおーー!見てよ、この巨大さ、壮麗さ!イイねえ!!」

我ながらあきれる興奮っぷりだが、少し進んで眺めが変わるたびに、いちいち立ち止まってはスケッチをし、読んできた文献と照らしてその威容に感嘆をもらしてしまう。
しかし、それだけの価値がある遺跡だ。やっぱり、最初にここを選んで正解だったなあ!!



「ねえ、タカイド、パパチチって実は遺跡マニア?」
「・・・・・・まあ、その素質はあったようですね」
「ちょっと時間かかり過ぎ。考古学と宗教学って、後回しにした方がよかったんじゃないの?」
「ま、仕事に差しさわりがあるようなら、例の女子力で生物学転向の圧力をかけてください」
「ちょっと自信ないなー」





013115 100556

おおおおおおおおお!
すばらしぃぃぃぃぃ!!!!

「・・・・・・パパチチ~!ほら、早く記録記録!」
「おっと、すまんすまん」

013115 100608





「よし、中に入ってみよう!」
「えーーーまたにしようよ~」
「いや、実は書庫に古代の墳墓の地図もあってさ。筆写して持ってきちゃったんだよなー。せっかくだからさ、ちょっとだけ!行ってみよう!」

「・・・・・・氷海の調査に続く、かつてない積極さですね」
「むーーーーやっぱりマニア・・・・・・いや、オタクか~」



013115 102333a

「奥に続く、通路がありますね」
「えーーーーやっぱり入るのーーーー」
「だって、ほら、パパチチの目がキラキラしてますし」
「ぶう」


そして、パパチチご一行、初の遺跡ダンジョン入りが始まる!

続きます>>>
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんちは^^
考古学はやっておくとお得ですよね。
ギザ地方みたいな奥地発見がありますし。
移動が邪魔くさいのも多いけど(~_~;)
奥地発見してないと、出ないクエストがあるのが
煩わしいんですよね~・・・

やあ♪のこりん

> 奥地発見してないと、出ないクエストがあるのが
> 煩わしいんですよね~・・・
まさにそれ!
とにかく、前提クエストをさらいまくるしかないですねえ(;一_一)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。