白夜に揺れる徒花(ストックホルム:冒険者ギルド)

ストックホルムで次のクエストを請けるために、冒険者ギルドにむかう。

011015 043736

外交関係の情報収集というところか。最新の情報に通じていることも宮廷内でのポジションに影響しそうだしな。
他に面白そうなクエストがなかったので請けることにした。

まずはリガへ。





011015 050141

リガ。
むかーし、船部品の金庫造りをしたことがあったっけ。

さて。噂話とくれば、まずは酒場だな。

011015 050258

ドイツ諸侯の娘がロシア皇太子に嫁入り、か。
確かに、スウェーデンにとっては、東と南を抑えられるとやっかいだろう。

どうやら両親はデンマーク=ノルウェー王家ゆかりの血筋らしい。
スウェーデンとも姻戚関係があるようだ。
なるほど、血統は申し分なし、周囲のドイツ諸侯の対ロシア政策の思惑とも合致しているということか。

・・・・・・しかし、もう少し現地の事情も知りたいが。

これはやはりドイツで直接調べた方がいいか。
ハンブルクからフランクフルトに行くべし、だな。





フランクフルト。
皇帝選挙以外ではほとんど来ない場所だ。
懇意にさせてもらっているブランデンブルク伯のところへ行ってみるか。

011015 052459

いろいろと確認できた。

また、どうも話に聞いてみると、本人も嫌々嫁ぐというわけではないようだ。
ロシアの宮廷でもしっかりやっていけそうな胆力があるのかもしれない。
まだ14歳らしいが、大したものだな。
政治的な姻戚関係以上に、この嫁さん自体が将来スウェーデンにとって脅威になるかもしれないが。

ま、実際に会ったわけではないから、そこまでの所感を報告することはないか。





その後、酒場でちょっと休憩していたのだが、ふと視線を感じた。
奥の壁際に目をむけると。

011015 052652

いつだったかの不思議な雰囲気の占い師がこちらに微笑んでいる。
彼女に会うと、いつだって何かしらの思いがけない出会いや事件に遭遇してきた。
今回も何かの予兆、なのかもしれないな。

せっかくだから、占ってもらうか。

いつもの謎かけじみた問答と助言の後、めずらしく具体的なアドバイスをくれた。

「・・・・・・あなた、不思議な白い羽根を持っているでしょう?使い道がわからないと言っていた」
「そういえば。ダイヤモンドダストみたいに謎アイテムですね。ダイヤモンドダストの方が綺麗なだけで特に効き目がなかったから、羽根の方はそのまましまったままだった」
「コートの左胸に縫い付けておくといいですよ。羽根飾りにして」
「へええ。御守りみたいなもんですかね」

彼女は、またにこりとほほ笑むと、それ以上は話をしてはくれなかった。

まあ、いい。謎じみてるのはいつものこと。

さて、報告書をまとめて、ストックホルムに届けるとしよう。
機密というからには、酒場娘に預けるわけにもいくまい。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ロシア娘!と聞いて飛んできましたが、
ドイツ娘ですか・・・。
でも14歳かあ、捨てがたいなぁ。
エイリアスは、カードの絵と実際の
キャラが違いすぎると思うのはオイラだけ?
冒険、お疲れ様です(*^_^*)

No title

パパチチさん、冒険の旅へ行ったんですね(#^.^#) エモ逃げが出来ないって思ったら、あたしが離席してるときに、エモ逃げされてた(・.・;)いつのまにジェノヴァまで~ 冒険頑張って下さいね(#^.^#)

やあ♪のこりん

新居移転おめでとう!
まだいろいろ張り替えたりしてないけど、そのうちやります(^_^;
しかし、ぶれないねえ。でもあの14歳がやがてどんな怖ろしい人になるか知ったら・・・
・・・いや、知っても、のこりんは無問題かもしれないねw

やあ♪麻衣さん

そうなんですよ~。週末限定で遠出とかイベントですねえ。
まあ、麻衣さんとは何故か、いろんなところですれ違うんですよね。
ジェノバの前だと、オスロとコペンハーゲンの途中ですれ違った気がするし。
ゆえに、エモ逃げの油断禁物ですよ。ふっふっふ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。